子どもケア 
心理相談

子どもケア事業

CCAPでは、虐待を受けて児童福祉施設や里親家庭に措置されている子どもに対するプログラムとして
アタッチメント形成のための心理療法プログラム(2005年〜)を行っています。 

アタッチメント形成のための心理療法プログラム

  

1. 目 的
プログラムでは「養護施設にいる子どもと担当ケアワーカー」あるいは「里子と里親(養親)」という
「かつて愛着形成に障害を受けた子どもと現在の特定の養育者」の二者の愛着関係の改善により、
現在あるいは将来危惧される子どもの対人関係の問題を軽減することを目的とする。

 

2. 対 象 ・ 条 件
○ 対象となる子どもの年齢は、原則として3歳〜12歳(小学6年生)頃まで
○ 原則として全セッションに通うこと。
   また全セッションを通じて、同一の養育者が子どもに同行すること など

 

3. 日 程 
(1)前 期:2016年4月25日(月)〜8月8日(月) 
(2)後 期:2016年10月17日(月)〜2月20日(月)
 ○ 全15〜17回 (子どもの状態等によって回数を決定)
 ○ 原則として週1回実施を予定(変更になる場合があります)
 ○ 終了後、半年経過した頃にフォローアップのセッションを予定しています(1回)

 

4. 後期募集終了
参加者募集を予定しておりました後期プログラムですが、全体調整の結果、
2016年度の募集を終了致しました。
それに伴いまして、予定しておりました説明会は中止とさせていただきます。
ご了承ください。             *ご不明の点は、お問合せください。          [2016.8.27]

申込・問い合わせは

社会福祉法人 子どもの虐待防止センター事務局

TEL 03−5300−2451 / FAX 03−5300−2452

 

▼ HOME 

©CCAP. All Rights Reserved.