研修・セミナー
■ CCAP主催セミナーNEW
■ 児童養護研究会
■ ミニ講座 
■ 講師派遣
■ これまでの催し
■ ボランティア相談員養成講座

 

第35回 子どもの虐待防止セミナー
    児童養護施設の小規模化をめぐる課題
              〜現場の職員を支えるには〜

 

厚生労働省は、社会的養護が必要な子ども達への養育について、可能な限り家庭に近い環境で行うことが望ましいとして全国の児童養護施設の小規模化を推進しています。このような流れの中、昨今、児童養護施設には虐待を受けて入所する子どもや、発達障害・知的障害など様々な障害を抱えて入所する子どもが急増しており、この2点の大きな変化を受けて現場にはこれまでとは異なる様々な課題が浮かび上がっています。このような背景を受けて、昨年は「子どものほめ方叱り方」と題する実務に着目したセミナーを行いましたが、今回はこの小規模化の流れの中で、本園とグル―プホームの職員体制と連携のあり方に加え、これから小規模化を目指す施設の運営面で気をつけるポイントを講義を通じて取り上げます。また、シンポジウムでは小規模化によってより顕在化する子どもの試し行動や性行動など現場の悩みへの対応を考えます。さらにオプションとして、都内児童養護施設のご協力を頂き、ご希望の方先着20名(児童養護施設の職員の方優先)には、 実際にグループホームを持つ施設を見学頂けるプログラムです。ぜひご参加ください。 [掲載日:2014.4.30]

内容

【日 時】  2014年6月10日(火)10:00〜16:30

【対 象】 児童養護施設の方 および 関係職種の方
【会 場】  国立オリンピック記念青少年センター センター棟 501号室
       ○住  所: 東京都渋谷区代々木神園町3−1
       ○アクセス: 小田急線「参宮橋駅」下車 徒歩7分、または地下鉄千代田線「代々木公園駅」下車
               代々木公園方面出口 徒歩10分、または・京王バス「代々木五丁目」下車すぐ
【定 員】 130名 (定員になり次第〆切)

【受講料】 7,000円 (賛助会員の方は 6,000円)  *施設見学の方は食事代等 3,000円追加

時 間
内 容 ・ 講 師 (敬称略)
9:30〜 受付開始
9:50〜 あいさつ
10:00〜12:00 ■ 講 義
小規模化と地域化への対応とその取り組み
                  講師:武藤 素明(二葉学園統括施設長)

小規模施設の中での運営のあり方や子どもたちへのケア、職員同士がどう
連携するかなど、新たな課題への対応についてお話しします。
昼 食 休 憩
13:30〜16:30
含:休憩15分
【シンポジウム】
児童養護施設の小規模化と地域化の課題〜現場の職員を支えるには〜

シンポジスト   麻生 信也(共生会希望の家 施設長)
           若松 亜希子(至誠学園 臨床心理士)
           米沢 慎太(砂町友愛園 児童指導員)
コーディネーター 武藤 素明
※希望者のみ
(終了後)
都内児童養護施設のグループホーム見学 【限定20名】
会場から各施設に移動して頂き、訪問先の施設の夕食に同席させて頂きます。
(見学の方は、別途食事代が必要となります)
* 訪問先施設が複数ありますので、見学の選定・調整は、お任せ頂きます。
*見学につきましては、ご希望多数のため、募集を終了します。
 たくさんのお申込みありがとうございました。 
 なお、セミナーの参加については引き続き募集中です。 
[2014.5.7]

 

この催しは終了しました。[2014.6.11]

申込・問い合わせは

社会福祉法人 子どもの虐待防止センター事務局

FAX 03−5300−2452 / TEL 03−5300−2451

会員割引

当法人主催セミナーには会員割引があります。 入会ご希望の方は事務局までご連絡下さい。
年会費は一口5,000円(4月〜翌3月の年度制)です。
※賛助会員についてはホームページにもご説明がございます。→CCAP賛助会員について 

▼ HOME 

©CCAP. All Rights Reserved.