研修・セミナー
■ CCAP主催セミナーNEW
■ 児童養護研究会
■ 講座
子どもの虐待を考える
■ 講師派遣
■ これまでの催し
■ ボランティア相談員養成講座

 

第37回 子どもの虐待防止セミナー
 DVと子ども虐待Part3:DV母子の困難事例と対応NEW

 

当法人では、DV(ドメスティックバイオレンス)が子どもに与える影響の大きさについて、子どもの虐待の視点から考えることをテーマに取り上げたセミナーを2年にわたって実施してきました。その中でも母子に対するケアの問題はもっとも関心の高いテーマです。そこで、3回目となる今回は、PCIT(Parent-Child Interaction Therapy:親子相互交流療法)を実施する東京女子医科大学女性生涯健康センターの取り組みなど、現在行われているDV被害を受けた母子へのケアの実際を紹介し、子どもと母親への支援について考えます。親子の支援にかかわる皆さまに、今一度 「子どもの虐待」の視点から、このDVの問題をご一緒に考えて頂きたいと考え、企画しました。ぜひご参加ください。  [掲載日:2014.8.1]

※ お知らせ [掲載日:2014.9.1]
   当初、講演を予定していた加茂登志子先生は病気療養中のため交代となりました。
   急な講師変更となりましたことを深くお詫び申し上げますとともにご了承頂けますよう
   お願い申し上げます。 (なお日時・開催場所の変更はございません)

内容

【日 時】  2014年9月27日(土)10:00〜16:00

【対 象】  児童相談所・子ども家庭支援センター・母子生活支援施設・学校・幼稚園・ 保育所・民生委員など
        家族の支援に係る職種の方 および 関心のある方

【定 員】  130名 (定員になり次第〆切

【受講料】  7,000円 (賛助会員の方は 6,000円)

【場 所】  国立オリンピック記念青少年センター センター棟 310号室
        ○住  所: 東京都渋谷区代々木神園町3−1
        ○アクセス: 小田急線「参宮橋駅」下車 徒歩7分、または地下鉄千代田線「代々木公園駅」下車
                代々木公園方面出口 徒歩10分、または・京王バス「代々木五丁目」下車すぐ

時 間
内 容
講 師・報告者(敬称略)
9:30〜 受付開始
10:00〜12:00 ■ 講 義
 DV母子被害者への
      精神的ケアのあり方
:親子相互交流療法(PCIT)の取り組み
[講師]
伊東 史ヱ/東京女子医科大学付属
           女性生涯健康センター
*資料提供:加茂 登志子
     (東京女子医科大学
      付属女性生涯健康センター所長)
昼 食 休 憩
13:30〜16:00
(質疑応答含む)
■ シンポジウム
DV母子の困難事例と対応

児童相談所、市区町村の窓口、
東京女子医科大学などで、 DVの被害を
受けた母子のケアの実践に当たっておら
れる シンポジストを迎え、各現場での
取り組みを伺います。

[シンポジスト] 
○伊東 史ヱ /東京女子医科大学付属
           女性生涯健康センター

○小平 かやの/児童相談センター治療指導課
○佐伯 裕子/CCAP理事、母子支援員・婦人
           相談員

    
 [コーディネーター] 
○米田 弘枝/立正大学心理学部、臨床心理士  

 

申込方法

   参加申込書(PDF)*に必要事項をご記入の上、FAXにて子どもの虐待防止センター事務局まで
   お申し込み下さい。
   お申し込み後、 折り返し受付番号と振込口座をFAX連絡いたします。
   返信確認の後、受講料をお振り込み下さい。なお、入金後の返金はできませんので、ご注意下さい

 

申込・問い合わせは

社会福祉法人 子どもの虐待防止センター事務局

FAX 03−5300−2452 / TEL 03−5300−2451

会員割引

当法人主催セミナーには会員割引があります。 入会ご希望の方は事務局までご連絡下さい。
年会費は一口5,000円(4月〜翌3月の年度制)です。
※賛助会員についてはホームページにもご説明がございます。→CCAP賛助会員について      

 

▼ HOME 

©CCAP. All Rights Reserved.