研修・セミナー
■ CCAP主催セミナーNEW
■ 児童養護研究会
■ 講座 子どもの虐待を考える
■ 講師派遣
■ これまでの催し
■ ボランティア相談員養成講座

 

第42回 子どもの虐待防止セミナー  
発達障害のある家庭とコミュニティ環境

 

 発達障害問題は増加の一途をたどっているだけではなく、複雑化する様相を呈しています。これを個人の病理に帰するだけでは解決は難しくなっており、発達問題をもつ家族とそれを支えるコミュニティによるサポートのあり方として解決することを考えていく必要があります。コミュニティに基盤をおくサポートシステムは、困難を抱える養育のあり方そのものへの支援となりうると考えられます。
 このような視点を元に、臨床の現場で長年親子の支援に取り組んでいる講師の田中哲が、講義に加え、サポートシステムをどう構築するか、模擬ケース会議を通じて探っていきます。

内容

【日 時】2017年3月4日(土)10:00〜16:30 


【会 場】 飯田橋レインボービル 1階C・D会議室

      (会場http://www.ienohikariss.co.jp/bld/access/)
     
* 住所:東京都新宿区市谷船河原町11
      * 交通:JR「飯田橋」駅西口から徒歩6分
             地下鉄有楽町線、 南北線「飯田橋」駅から徒歩5分
            東西線、大江戸線「飯田橋」駅から徒歩9分(地下鉄はB3出口)

【対 象】児童相談所・子ども家庭支援センター・児童養護施設・母子生活支援施設
      保健所・保健センター・学校・幼稚園・保育所・民生委員など 

【定 員】100名(定員になり次第〆切)

 

【受講料】 7,000円 (CCAP賛助会員の方は 6,000円)

 

時 間
内 容
講 師・報告者
(敬称略)
9:30〜 受付開始
10:00
〜12:00
【講 義】 
発達障害を地域コミュニティで
どのように支えていくか 

田中 哲
/CCAP理事、児童精神科医、
東京都立小児総合医療センター
副院長
昼 食 休 憩
13:30
〜16:30

【事例検討】
模擬ケース会議を通じた事例検討


地域コミュニティで家族を支える
視点から、学校関係者、保健師
など地域の関係者による報告事例の模擬ケース会議を開きます。


【事例提供】
中村 由紀子/小児科医、
島田療育センター、
就学支援委員             

【コーディネーター】 
田中 哲

 

申込方法・・・この催しは終了しました。

参加申込書(PDF)*に必要事項をご記入の上、
FAXにて子どもの虐待防止センター(CCAP)事務局までお申し込み下さい。
お申し込み後、 折り返し受付番号と振込口座をFAX連絡いたします。
返信確認の後、受講料をお振り込み下さい。
なお、入金後の返金はできませんので、ご注意下さい。

 

会員割引

当法人主催セミナーには会員割引があります。 入会ご希望の方は事務局までご連絡下さい。
年会費は一口5,000円(4月〜翌3月の年度制)です。
また、会員の方には、セミナーのお知らせや子どもの虐待に関する取り組みをレポートする
会報「CAPニューズ」(季刊)をお送りしています。  
CCAP賛助会員について
CAPニューズバックナンバー
    

問い合わせ

社会福祉法人 子どもの虐待防止センター事務局
FAX 03−5300−2452 / TEL 03−5300−2451

 

▼ HOME 

©CCAP. All Rights Reserved.