研修・セミナー
■ CCAP主催セミナーNEW
■ 児童養護研究会
■ 講座 子どもの虐待を考える 
■ 講師派遣
■ 当法人主催の催し
■ ボランティア相談員養成講座

 

虐待を受けた子どもの心理療法に関するワークショップ2017

 

 社会福祉法人子どもの虐待防止センター(CCAP)では、児童養護施設や里親のもとで暮らす子どもの心理治療として、新たな養育者とのアタッチメント(愛着)形成に資するよう「アタッチメント形成のための心理療法プログラム」を実施し、今年で12年となります。このプログラムは  「トラウマ」と「アタッチメント」の両方の概念に立脚している点が大きな特徴であり、参加した多くの子どもたちにプログラムの効果が確認されています。そこで、年1回、児童養護施設において子どものセラピーを担当している心理職の方を対象に、私たちが学んだ経験をワークショップを 通じてお伝えしてきました。内容にはトラウマやアタッチメント障害の理論を押さえつつ、実践的訓練も組み入れています。また施設の中での子どもの心理的ケアとともに、生活場面でのケアワーカーとの連携の在り方など、各施設に共通する具体的な課題も取り入れました。
理論を学んで演習を取り入れることで、実践につなげる企画です。ぜひご参加ください。

内容

【日 時】  

日程
時間
2017年11月3日(祝・金) 13:30〜18:30
2017年11月4日(土)  10:00〜17:45
2017年11月5日(日) 10:00〜15:30

※宿泊、食事は各自ご手配ください。
     ※2日目終了後に懇親会を予定しています。

 

【対 象・定 員】 
児童養護施設に現在勤務する心理職 30名

 

【応募条件】
@ 3日間のプログラム全講座を受講出来る方
A 現在、児童養護施設において子どものセラピーを実施している方


【受講料】 30,000 円 (賛助会員の方は 28,000円)

 

【会 場】 大橋会館 207号室 
        ○住  所: 東京都目黒区東山3-7-11
        ○アクセス:東急田園都市線「池尻大橋駅」下車 徒歩3分ほか


【講 師】  
○西澤 哲/山梨県立大学、CCAP理事(CCAPで実施のプログラム責任者)
○アタッチメント形成のための心理療法プログラム スタッフ

日程
時 間
内 容
11月3日(祝)
講義1 
13:30〜15:00
虐待の心理・精神的影響とAttachmentプログラム:
トラウマとアタッチメントを中心に
講義2
15:15〜16:45
虐待を受けた子どもの心理療法 その1:
トラウマからの回復を促進するには
講義3
17:00〜18:30
虐待を受けた子どもの心理療法 その2:
アタッチメントの再形成促進を目指して
11月4日(土)
講義4
10:00〜12:00
施設実践:
治療プログラムの施設実践に向けてのポイント
演習1
13:30〜15:30
心理療法の実践的検討 その1
演習2
15:45〜17:45
心理療法の実践的検討 その2:
ビデオ視聴とロールプレイによる検討
11月5日(日)
ミニシンポジウム
10:00〜12:00
ミニシンポジウム
児童養護施設における心理療法のあり方
総括
13:30〜15:30
まとめと討論

   ※本研修は、日本臨床心理士資格認定協会の継続研修実績対象事業に、臨床心理士有資格者の
      資格更新のための研修ポイントを取得するための申請を予定しています                                

 

申込方法

 参加申込書(PDF)*に必要事項をご記入の上、 
  FAXにて子どもの虐待防止センター事務局までお申し込み下さい。
 お申し込み後、 折り返し受付番号と振込口座をFAX連絡いたします。
 返信確認の後、受講料をお振り込み下さい。
 なお、入金後の返金はできませんので、ご注意下さい。

会員割引

当法人主催セミナーには会員割引があります。 入会ご希望の方は事務局までご連絡下さい。
年会費は一口5,000円(4月〜翌3月の年度制)です。
また、会員の方には、セミナーのお知らせや子どもの虐待に関する取り組みをレポートする
会報「CAPニューズ」(季刊)をお送りしています。  
CCAP賛助会員について
CAPニューズバックナンバー

 

申込・問い合わせは

社会福祉法人 子どもの虐待防止センター事務局

FAX 03−5300−2452 / TEL 03−5300−2451

 

 

 

▼ HOME 

©CCAP. All Rights Reserved.