研修・セミナー
■ CCAP主催セミナーNEW
■ 児童養護研究会
■ 講座 子どもの虐待を考える
■ 講師派遣
■ 当法人主催の催し
■ ボランティア相談員養成講座

 

【養育家庭里親・養親対象研修2017】
里親・養親の子育てに必要なこと 〜子どもの発達と事実告知〜

 

 社会福祉法人子どもの虐待防止センター(=CCAP)では、電話相談、特別養親サロンや「アタッチメント形成のための心理療法プログラム」を通じて、里親・養親支援事業を行っています。
里親や養親としてお子さんをご家庭に迎えられたあとの悩みや不安をお一人で抱えていらっしゃい  ませんか?この子をどう理解したらよいのか、この子とどう向き合っていけばよいのか。そして、   この子の人生にどのように寄り添っていけばよいのかなど、すぐには解決できない悩みもおありかもしれません。本研修では、里親や養親の皆さんの悩みに共通するテーマを取り上げました。講義だけではなく、グループワークなどを通じて皆さんにも積極的にご参加頂きながら一緒に考えていきましょう。

※2018年度「アタッチメント形成のための心理療法プログラム」のご案内も予定しています。

内容

【日 時】  2018年3月2日(金)10:00〜15:00  

【会 場】  飯田橋レインボービル
        
住  所:東京都新宿区市谷船河原町11(http://www.ienohikariss.co.jp/bld/map.html)
           アクセス:JR 総武線「飯田橋駅」西口徒歩5 分ほか

【対 象】  養育家庭の里親・養親など

【定 員】   50名(定員になり次第〆切)
        ※ 若干名保育あり(対象:3才〜未就学児・要予約・保育料1,000円)
          3才未満のお子さんは会場で同席をお願いします

【受講料】  6,000円(CCAP賛助会員の方は 5,000円)

 

時 間
内 容/講 師(敬称略)
9:30〜 受付開始
10:00〜11:30

【講義】子どもの発達の基礎知識
人間が生まれてからどのように発達していくかを、発達心理学の理論を中心にした講義を行い、皆さんとともに養育中のお子さんについて考えていきます。

/水木 理恵(臨床心理士、CCAPアタッチメントスタッフ)

11:30〜12:00
個人ワーク・質疑応答 
13:00〜14:00

【講 義】 事実告知について考える
告知後、子どもとともに実親の存在をどのように受け止めていけばよいのか?
そもそも事実告知ってなぜ必要なの?などの テーマについて、講義やグループワークを通して考えていきます。

/若松 亜希子(臨床心理士、CCAPアタッチメントスタッフ)

14:00〜15:00
グループワーク・質疑応答

 

申込方法

参加申込書(PDF)*に必要事項をご記入の上、FAXにて子どもの虐待防止センター(CCAP)事務局まで
お申し込み下さい。
お申し込み後、 折り返し受付番号と振込口座をFAX連絡いたします。
返信確認の後、受講料をお振り込み下さい。なお、入金後の返金はできませんので、ご注意下さい。

会員割引

当法人主催セミナーには会員割引があります。 入会ご希望の方は事務局までご連絡下さい。
年会費は一口5,000円(4月〜翌3月の年度制)です。
また、会員の方には、セミナーのお知らせや子どもの虐待に関する取り組みをレポートする
会報「CAPニューズ」(季刊)をお送りしています。  
CCAP賛助会員について
CAPニューズバックナンバー

申込・問い合わせは

社会福祉法人 子どもの虐待防止センター事務局

FAX 03−5300−2452 / TEL 03−5300−2451

 

 

▼ HOME 

©CCAP. All Rights Reserved.