研修・セミナー
■ CCAP主催セミナー
■ 児童養護研究会
■ 講座 子どもの虐待を考える
■ 講師派遣
■ CCAP版ペアレンティングプログラム
■ 当法人主催の催し
■ ボランティア相談員養成講座
    

 講座  子どもの虐待を考える2015

 

HOME > 研修・セミナー > CCAP主催セミナー  

毎月、子どもの虐待に関連したテーマを取り上げた講座を下記内容で行います。
虐待問題、子ども・家族への支援についてご参加の皆様とご一緒に考えたいと思います。
ぜひご参加ください。

内容

【対 象】 子どもの虐待防止に関心のある方はどなたでもご参加頂けます

【定 員】 15名(定員になり次第〆切) 

【受講料】 一般:1,000円、 CCAP賛助会員・学生:500円  
       
        * 事前振込不要。当日、会場で受講料をいただきます。
        *CCAP賛助会員にお申し込み頂きますと、年4回の会報の送付のほか、
         今回の講座から会員料金でご参加頂けます。入会ご希望の方は事務局までご連絡下さい。
         年会費は一口5,000円(4月〜翌3月の年度制)です。


【場 所】  CCAP研修室

時 間
内 容 ・ 講師
終了
2015年
5月22日(金)

14:30〜16:00

育てにくさに寄り添う


虐待予防として、「育てにくさ」に寄り添う支援があります。背景としての、子どもの要因、親の要因、親子の関係、親子を取り巻く環境などを紹介したいと思います。
■講師:秋山 千枝子 (CCAP理事、小児科医)
終了
6月17日(水)

14:30〜16:00

敏感/鈍感な子どもたちを 感覚統合から考える


虐待を受けた子どもの中には、触られるのが苦手だったり、体の使い方がうまくできないことが少なくありません。
なぜかを脳科学に基づいた感覚統合の視点から読み解き、どうすればいいか考えていきます。
講師:三浦 香織 ( CCAP評議員、 作業療法士)
終了
7月28日(火)

14:30〜16:00

離婚と子ども


親の離婚は、子どもにとっても生活環境の変化や心理的衝撃など大きな影響をもたらします。離婚手続きの中で子どもの置かれている現状をふまえて、親の離婚に直面した子どもへの虐待防止や支援としてどのようなことができるか、皆様と考えたいと思います。
講師:掛川 亜季 (弁護士)
終了
9月29日(火)

14:30〜16:00

里親家庭への訪問支援から見た子ども支援


実親と一緒に暮らせない子どもたちが、新しい家族(里親家庭)とどうつながって、育まれていくか。子どもたちの抱える課題にも触れつつ、お話していきたいと思います。
講師: 長田 淳子
    
 (東京都里親支援機関事業担当、臨床心理士、CCAP相談員)
終了
10月21日(水)
14:30〜16:00

子どもとの関係が苦しくなる時 〜母親へのグループケア〜


CCAPでは虐待問題を抱えた母親のためのグループMCG(Mother and Child Group)を行っています。苦しさの背景、葛藤する母親たちがグループの中で語り聴き合いながらどのように変わっていくのか、またグループの具体的な実践についてもお伝えしたいと思います。
■ 講師:芦野 理子(CCAP相談員)、服部 葉子(CCAP相談員)
終了
11月9日(月)

10:30〜12:00

虐待を受けた子どもへの心理的ケアを考える〜社会的養護の現場から


虐待を受けた子どもの心理的ケアは、とても難しいといわれています。
社会的養護の現場でも試行錯誤しながら日々取り組んでいるのが現状です。児童養護施設や里親家庭で暮らす子どもへの心理的ケアに携わる立場から皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
■ 講師:若松 亜希子 (臨床心理士、CCAP相談員)

終了
12月8日(火)
15:00〜16:30

ダイジェスト版「むずかしい子を育てるペアレント・トレーニング」


親の期待と子の実態の差が大きなストレスとなります。子どもが泣き叫ぶと大人は力で言うことを聞かせようとし、これがエスカレートすると虐待のスパイラルに入り込んでしまいます。今回は、子どもとのコミュニケーションスキルを学びます。
■ 講師:青木 幸子(CCAP相談員、トレーナー)
終了
1月28日(木)
14:30〜16:00

子どもにかかわる弁護士会の活動の紹介と子育て

親としての思いも込めながら、いじめの授業をはじめとする弁護士会の
取り組みについてお話ししていきます。
■ 講師:木村 真実(CCAP監事、弁護士)
終了
2月23日(火)
15:00〜16:30


子どもと家族を真ん中に 〜ネットワークの作り方〜

子どもの虐待を防ぐために一人の人、ひとつの機関ができることには限界があります。この一つ一つの点と点をつないで線を書き上げることでできること、見えてくることが増えてくると思います。支援の幅を広げるためにどうやってネットワークを作り上げていけばいいのか一緒に考えてみませんか?
■講師:加藤 雅江(CCAP評議員、杏林大学医療福祉相談室)
終了
3月10日(木)
15:00〜16:30


DVと子ども虐待 〜その関係性を語る〜

DVと子ども虐待は表裏一体です。虐待症候群の入門編としてDVを学びます。
■講師:佐藤 喜宣(CCAP評議員、杏林大学医学部客員教授)

申込方法・・・今年度の講座は全て終了しました。

参加申込書(PDF)*に必要事項をご記入の上、FAXにて子どもの虐待防止センター(CCAP)事務局まで
お申し込み下さい。
折り返し事務局からお申込み受付のお電話をいたします。
(※受講料は当日会場にてお支払いただきます。事前振込の必要はありません。)

会員割引

当法人主催セミナーには会員割引があります。 入会ご希望の方は事務局までご連絡下さい。
年会費は一口5,000円(4月〜翌3月の年度制)です。
また、会員の方には、セミナーのお知らせや子どもの虐待に関する取り組みをレポートする
会報「CAPニューズ」(季刊)をお送りしています。  
CCAP賛助会員について
CAPニューズバックナンバー
    

申込・問い合わせは

社会福祉法人 子どもの虐待防止センター事務局

FAX 03−5300−2452 / TEL 03−5300−2451

 

▼ HOME 

©CCAP. All Rights Reserved.