発行図書
■ CCAPテキストブック
■ CAPニューズNEW

 (福)子どもの虐待防止センター発行書籍リスト

   子どもの虐待防止センターでは、子どもとその養育者を支える専門職をはじめとして、
  子ども虐待への理解を深めていただきたい方々に向けて書籍を発行しております。
 当法人において子ども虐待に関わってきた様々な分野の専門家が、子ども虐待への
  援助についてまとめた、テキストブックは、いずれも子どもやその養育者との関わりを
 通じて教わった「子ども虐待への理解・援助に必要な情報や知恵」が盛り込まれています。                   

※ 当法人の活動は こうした発行書の売り上げによって大きく支えられております 
                                      

ご注文方法

★CCAP事務局まで、FAXまたはお電話にてお申し込み下さい。
  お申し込時に、
  @氏名 A住所と郵便番号 B電話番号 Cご希望の書籍のタイトルと希望の冊数
  をお知らせ下さい。

CCAP書籍申込書をご利用いただいても結構です。

 

お支払方法

書籍ご送付の際、書籍代と送料を合わせた金額の郵便振替の用紙を
同封させていただきます。同封の用紙でのお支払いをお願いいたします。
(請求書等 必要な書類がございましたら その旨ご連絡ください。)

 

書籍のご案内

 

■新刊NEW

子どもの虐待防止センター25周年記念誌
  CCAPの社会的使命と民間団体だからできること  

500円
 この記念誌は、25年の節目を契機に、法人として自分たちの足元をしっかりと見つめCCAPだからできることを明確にするために行った座談会の記録です。
 第1部で、CCAPの構成員による各事業の目的と実態、課題を語り、第2部では、外部の方にも入っていただいて、CCAPの果たす社会的使命や今後の戦略についてご意見をいただきました。それらのご意見に真摯に取り組むことが、民間団体としての存在を示す新たな道に通ずることを強く思います。たくさんのヒントの詰まったこの冊子を活用して、新たな道をご一緒に歩みませんか。
 
[CAテキストブック 復刻版 坂井聖二特集]
  小児科から見た児童虐待
 1,200円
  CCAPが立ち上げ初期から発行し、現在絶版となっているCAテキストブックシリーズのうち、坂井聖二元理事長の著書「小児科から見た児童虐待」「子どもの虐待と放置」「周産期の母親への援助」の3冊に、2007年に行った講演会の講義録とCAPニューズの連載記事を加えて、【CAテキストブック復刻版坂井聖二特集「小児科から見た児童虐待」】として発行しました。小児科医として子どもとその家族を見つめる坂井のまなざしはどこまでもあたたかく、子ども虐待対応の本質を語っています。ぜひみなさまのお手元に置いていただきたく、ご案内いたします。

※ この冊子はフィリップモリスジャパンの助成を受けて作成しました。

 

 

 ■CCAPブックス(欠番は絶版)

1
児童養護施設における心理的ケア
          /西澤哲、齋藤謁、森茂起、森田喜治
600円
 様々な立場で児童養護施設の子ども達とかかわっている先生方のお話は、児童養護施設はもちろんのこと、学校で、家庭で、あらゆる場 での子ども達との付き合い方に対して、深い示唆を与える内容となっています。
2
ある性的虐待の記録 〜障害児への虐待を考える
500円
 性的虐待が起こってしまった後に、本人、本人を援助するスタッフ、弁護士らが本人の傷を癒すために行った法的活動と、その過程で存在した問題点を紹介した書です。
4
医師のための虐待対応マニュアル
      /奥山眞紀子 (国立成育医療センターこころの診療部)
1,000円
 医療の最前線での虐待の発見および対応のポイント、さらには虐待を未然に防ぐための対応、支援についてまとめられたものです。医療 現場に限らず、福祉や保健に関わっている方にも広く参考にしていただける大変わかりやすいテキストです。
5
なぜ子どもを殴るのか 〜虐待する親の治療
        /上村 順子(めだかメンタルクリニック院長)
500円
  「...子ども時代に虐待を受けた方々にとって、世の中はまさに戦場である。人の言葉は戦場を飛び交う弾であり、子どもの泣き声は自分を責める大きな爆同じ...」精弾と神科医として虐待する親の治療にあたってきた筆者の言葉には、虐待問題を理解するための大切な視点がたくさん含まれています。
6
親子の「再生」に向けて 〜虐待を生じた家族への支援
         /西澤 哲(山梨県立大学)
600円
 虐待家族の再統合に必要なアセスメントの方法と、親をどう援助するかの具体的プロセスについて述べたあと、「日本独自の文化に根ざした援助とはなにか?」という西澤氏最新の思考が展開されていきます。
7
子どもの愛着 〜愛着の再形成を図る援助の試み
         /加藤 尚子 (目白大学)
600円
 虐待を受けた子どもは愛着形成に障害を受けると言われています。 本書では、「愛着」の意味と機能の理解から、愛着形成に障害を受けた子どもに対する修復的アプローチについて考えます。「愛着」という切り口で、子どもの行動や対人関係の難しさを理解することは、子どもと生活を共にする人々に大きなヒントになると思います。
8
私の出会った子どもたち 〜小さな星たちの記録 
       /坂井聖二 (小児科医)
600円
 小児科医であるCCAP前理事長坂井が、東京都人権啓発センター発行の「アイユ」に連載した内容に書き下ろしを加えました。この連載をきっかけに各地の学校や教育委員会の講演に呼んでいただきました。
 読みやすい文章で書かれていますので、子どもの虐待と虐待問題を抱えた家族への支援のあり方を、専門職の方だけでなく多くの方にご一緒に考えていただきたいと思います。
9
児童福祉施設における虐待を受けた子どもへの対応 
       /西澤 哲(山梨県立大学)
600円
 「すべての問題行動は、子どものなんらかの自己表現」 という著者のすすめる環境療法は、生活場面でのケアの方法です。
トラウマの再現性、愛着障害、自己イメージのゆがみ、行動上の問題など虐待が子どもにもたらす心理的影響について述べた上で、ケアの具体的方法についても、わかりやすく語られています。  
10
地域におけるネットワーク
    〜個人情報保護と連携のはざまで

         /磯谷文明(弁護士)
600円
 CCAP監事の磯谷文明弁護士の講義録です。市町村の役割や要保護児童対策地域協議会そして個人情報保護についてなど、地域ネットワーク構築の要点が具体的に述べられています。大変好評を頂いています。
11
MCG 子育てに悩む母親のためのグループ
   〜これからグループを始める方へ
600円
 CCAPのグループ担当の相談員と都内の保健センターでグループを担当していた保健師が、「子育てに悩む母親の気持ち」と「保健センターで行う母親グループの意味と役割について」現場で動き見えてきたことを綴ったテキストブックです。(発行:07年10月)
12
平成23年親権法改正〜その内容と実務への影響
        /磯谷 文明 (弁護士)
600円
 平成24年4月5日施行された親権改正法。本書は、今回の改正を現場で十分に活用していただくために、 改正法のポイントをわかりやすく解説し、どう活かすかについてイメージを持っていただくことを目的としています。子ども虐待問題に取り組む私たちとしては、今回の成果を十二分に活用する義務があると思います。
(本書まえがきより)

 

 

 ■その他 


子ども虐待への挑戦  
    
医療、福祉、心理、司法の連携を目指して

   (福)子どもの虐待防止センター監修  坂井 聖二 著 +西澤 哲 編著
    出版:誠信書房  発行:2013年1月初版   定価3,990円(税込)
  *詳細はこちら

★CCAPにお申込みになると3,500円にてお求めいただけます (送料別)

3500円
 虐待されている子どもの早期発見と救出を目指して、医療職と心理職ならびに福祉職の連携が求められています。
CCAPで長年力を尽くしてきた坂井聖二が、生前小児科医の現場で体験したことをともに児童虐待の早期発見について訴えると共に連携領域からも提言をしています。
  虐待された子ども  
     THE BATTERED CHILD 5th Edition

(福)子どもの虐待防止センター監修 坂井 聖二監訳
出版:明石書店  発行:2003年12月初版  定価:9500円+税

★CCAPにお申込みになると 8,8000円にてお求めいただけます(送料別)

8,800円
 本書は1968年に初版が出版されて以来、子どもの虐待問題のバイブル的存在であり、名著として高く評価され続けてきました。今回その最新拡大版である第5版の監訳が、子どもの虐待防止センターの監修によって明石書店より出版されました。本文は、全30章1182頁に及ぶ大著であり、子どもの虐待問題に関するほぼすべての領域を網羅しています。本書は、ケースワークの現場ですぐに活用できる実践的多くの情報が満載されています。また、虐待問題の研究書としても類書にない、広範囲で水準の高いものになっています。
本書は、4部(背景・評価・介入・予防)から構成され、これまで本邦ではあまり議論されたことのないテーマ(歴史・文化・貧困など)が論じられています。また、ケースワークの現場で渇望されてきた、「医学的診断」「ネグレクト」「心理的虐待」「性的虐待」「子どもの発育不全」「代理によるミュンヒハウゼン症候群」などが正面から論じられ、その評価法が明示されています。
現在の日本の子どもの虐待への対応システムは、欧米のそれをモデルとしています。本書では「通告・子どもの保護・裁判・里親施設)措置」というアメリカのシステムが抱えている問題点について徹底的な議論が展開されています。
ケースワークの最大の課題である「親の治療」および「子どもの治療」についても、基本的な枠組みと実践における問題点が詳述されています。
本書は、児童相談所を始めとした子どもと家族に関わる行政機関の職員はもちろん、医師・看護師・保健師・臨床心理士・カウンセラーなどの医療関係者、幼稚園・学校などの教育関係者、保育園・学童クラブ・子ども家庭支援センター・福祉事務所・母子寮・児童養護施設・乳児院などの福祉関係者、弁護士・裁判官・調査官・警察および警察官などの司法関係者、そしてさまざまなNPOなど虐待された子どもとその家族を援助しようとするすべての専門家にとって必ずや役に立つと確信しています。また、子どもの虐待を研究テーマとする学生や専門家に対しては、すぐれた基本資料としての高い価値を有しています。
★本書は2004年2月末頃共同通信を通じての全国紙、読売新聞朝刊等でも紹介されました

 

問合せ先 

社会福祉法人 子どもの虐待防止センター事務局  
FAX 03−5300−2452 / TEL 03−5300−2451

 

▼ HOME 

©CCAP. All Rights Reserved.