セミナー 専門職・行政向け 活動実績

更新日:

【中止】2/28(日)性虐待被害児診察トレーニング2020 -アドバンスコース(研究会)-

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、開催中止となりました。[21.1.26]

 

26日社会福祉法人子どもの虐待防止センター(CCAP)とNPO法人チャイルドファーストジャパン(CFJ)では、子どもに対する性虐待の診察技術を学ぶ「性虐待被害児の診察トレーニング」を開催しています。しかし、トレーニングを受けてすぐに診察を行うには難しい面も多く、また診察の中で生じる疑問もおありのことと思います。このアドバンスコースでは、これまでにトレーニングを受けた方を対象に、基礎研修では時間の関係で触れることのできなかった問診時の子どもへの声かけの仕方など、より具体的な研修を行い、共に診察技術の向上を目指しています。当日は山田医師の提供事例の検討に加え、参加者からの事例提供や質問もお受けします。
被害を受けた子どもへの適切な診察は、子どものその後の人生を支える機会にもなり得るものです。皆様のご参加をお待ちしています。

* 本研修は、特定非営利活動法人エキスパートチャリティアソシエーションのご支援により開催します。

【日 時】2021年2月28日(日)10:00~17:00 
【会 場】社会福祉法人 子どもの虐待防止センター 
(東京都世田谷区南烏山4-18-8)
【対 象】小児科医、産婦人科医 
○ 申し込み多数の場合は、女性並びに小児科医を優先させていただきます
○ 現在休業中の方も対象としています。

【受講料】10,000円(CCAP賛助会員の方は 9,000円)  
【講 師】山田 不二子医師
[講師略歴]東京医科歯科大学医学部卒業。現在、認定NPO法人チャイルドファーストジャパン(CFJ)(旧 子ども虐待ネグレクト防止ネットワーク)理事長、日本子ども虐待防止学会(JaSPCAN)理事兼事務局長、日本子ども虐待医学(JaMSCAN)理事兼事務局長、国際子ども虐待防止学会(ISPCAN)理事、東京都児童相談所協力医師など子ども虐待の実践的専門家として多彩な活動を行っている。特に2006年米国オレゴン州ポートランドにある子どもの権利擁護センターの一つCARES NWで性虐待被害児の医学的診察に関する臨床研修を受けた経歴を持つ

 

-セミナー, 専門職・行政向け, 活動実績