セミナー 専門職・行政向け

更新日:

【受付中】1/30(日)第19回MCG講座Part2グループで語るということ

子育てする母の孤独は深く、内面世界を扱える支援を求めたのは母親自身である。
子どもの虐待予防を目的とする母親の心のケアグループ=MCGが始まって29年。人前で弱音や痛みを口にすることをよしとしない社会において、MCGは受け入れられにくいかもしれない。だが一方で、グループを体験した者は、精神科医も含め、人間のもつ素晴らしさをグループの「語り」の中に発見した時の喜びを話す。1対1では聴けない、自分を取り戻すための言葉が散りばめられており、回復へのプロセスがそこにあるという。そんなMCGという支援の方法を、今回は原点に立ち返って「語る」ということをキーワードに振り返ってみたい。(広岡智子)

【日 程】2022年1月30日(日)10:30~16:00
【会 場】国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 401号室
〇 アクセス:小田急線「参宮橋駅」下車 徒歩7分 ほか
〇 住所:東京都渋谷区代々木神園町3-1 (http://nyc.niye.go.jp/index.html)
【対 象】 保健所、保健センター、子ども家庭支援センター、児童相談所、民間団体等においてグループ事業に携わっている方、グループの立ち上げを予定している方 および グループケアに関心のある援助職の方
【定 員】30名 ※120名定員の会場を使用します。  
【受講料】7,000円(賛助会員の方は6,000円)
【講 師】上村 順子(精神科医、くじらホスピタル院長)、広岡智子(CCAP理事、グループファシリテーター)他

*新型コロナウィルス感染拡大状況や荒天予報等により、予定が変更になる場合があります。予定を変更する場合は、講座開催の 2 日前にはホームページに掲載しますので、必ずご確認ください。
*会場では、マスクの着用や検温など感染防止対策にご協力ください。
*やむを得ない事由により、内容の一部を変更する場合があります。

*チラシはこちら

時間 内容・講師(敬称略)
受付開始 10:15~  
10:30~12:00 【講 義】グループで語るということ
/上村 順子(精神科医、くじらホスピタル院長)
12:00~13:00
昼食
13:00~16:00

【グループ体験】
【グループの実践から思うこと】
/広岡智子(CCAP理事、グループファシリテーター)他

申込方法 

(1)お問い合わせフォーム(種別:3.セミナーの申し込み)の各項目をご入力の上、送信してください。
(2)受付後、受講番号を明記したメールを返信します。
(3)当日、会場にて受付メールを掲示の上、受講料を現金にてお支払いください。

*おつりのないようご準備ください。
*公費でのご参加で、受講後の受講料の支払となる場合は、申し込み時にその旨、お知らせください。

会員割引

会員割引当法人主催セミナーには会員割引があります。セミナーお申し込みと同時にご入会いただければ、会員料金でご参加できます。入会ご希望の方は事務局までご連絡ください。また、会員の方には、セミナーのお知らせや子どもの虐待に関する取り組みをレポートする機関紙「CAPニューズ」(季刊)をお送りしています。
CCAP賛助会員について

-セミナー, 専門職・行政向け